【社会】下多賀で「どんどん焼き」、無病息災を祈る 

熱海市内各地域で正月飾りなどを焼く「どんど焼き」が11日あった。下多賀町内会(高木洋明会長)では午前8時から多賀海岸で開催、地域住民らおよそ100人が参加し、今年一年の無病息災を願った。
消防団や町内会が協力し、20メートルほどの「おんべ」の周りに正月飾りやだるま、しめ縄などを高く積んで点火。パチパチという竹のはじける音とともに激しく燃え上がった。

火が弱まった頃、子どもたちは竹の先に餅を付けて、じっくりと焼き1年間の健康を祈りながら味わった。会場では甘酒やお汁粉も振る舞われた。南熱海ではこの日、下多賀のほかに中野、小山、和田木地区でも「どんどん焼き」を行った。上多賀は18日に実施する。

全体1 全体2 だるまIMG_1972DSC_4726ss2

 

 

多賀

下多賀から撮影した小山地区のどんどん焼き

taga100 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 「 連」結成10周年、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る