【社会】下多賀で「どんどん焼き」、無病息災を祈る 

熱海市内各地域で正月飾りなどを焼く「どんど焼き」が11日あった。下多賀町内会(高木洋明会長)では午前8時から多賀海岸で開催、地域住民らおよそ100人が参加し、今年一年の無病息災を願った。
消防団や町内会が協力し、20メートルほどの「おんべ」の周りに正月飾りやだるま、しめ縄などを高く積んで点火。パチパチという竹のはじける音とともに激しく燃え上がった。

火が弱まった頃、子どもたちは竹の先に餅を付けて、じっくりと焼き1年間の健康を祈りながら味わった。会場では甘酒やお汁粉も振る舞われた。南熱海ではこの日、下多賀のほかに中野、小山、和田木地区でも「どんどん焼き」を行った。上多賀は18日に実施する。

全体1 全体2 だるまIMG_1972DSC_4726ss2

 

 

多賀

下多賀から撮影した小山地区のどんどん焼き

taga100 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る