【社会】交通ルール順守呼び掛け 市役所前交差点で夏の一斉街頭指導



子どもたちが巻き込まれる悲惨な交通事故をなくそうと、熱海市交通指導員会(谷中慎三会長)は3日、夏の一斉街頭指導を実施した。日頃ボランティアで活動する民間交通指導員12人と市職員5人が参加し、下校中の児童生徒やドライバーらに交通ルールの順守を訴えた。「交通安全」「高齢者の交通事故ストップ」ののぼり旗掲げ、継続中の「熱海市の交通死亡事故ゼロ」の更新に一役買った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    静岡県公表 65歳以上の「お達者度」、男性の伸び率トップは熱海市 

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  2. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
  3. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  4. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
ページ上部へ戻る