【社会】措置入院4年間にわたり放置 熱海健康福祉センターの県職員

静岡県はは22日、熱海健康福祉センター福祉課に勤務していた班長級の男性職員(53)が、措置入院患者に必要な費用徴収手続きを4年間にわたり一切放置していたと発表した。この職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分、当時の上司3人を文書厳重注意などとした。
措置入院は自傷他害の恐れがある精神障害者らに対し、精神保健福祉法に基づき、都道府県が入院を命じることができる制度。当事者や家族の収入に応じて費用負担が生じ、今回の不適切処理は一連の手続きで起きた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  2. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
  3. 2018-12-14

    あすマリンスパあたみで陸前高田応援イベント「TAKATA-FESTA」

    あす12月15日、熱海市のマリンスパあたみで陸前高田応援イベント「TAKATA-FESTA(タカタフ…
  4. 2018-12-13

    “山田治雄”健康松花堂弁当、公開講座が満員 「釜つる」料理長 内山栄二さん

    静岡県の「健康長寿・食と健康」公開講座がこのほど、熱海市役所いきいきプラザで開かれ、ふじのく…
ページ上部へ戻る