【社会】渡辺、陶山ドクターが講演、「地域活性連続セミナー」で

全国の30大学や熱海市などと自治体と産学官連携で地域振興に取り組む「地域活性機構」(高松和幸理事長)は25日、第6回地域活性連続セミナーを起雲閣で開いた。今年のテーマは「アンチエージングと熱海(温泉)の取り組み」で斉藤栄市長のあいさつに続き、渡辺耳鼻咽喉科アレルギー科クリニックの渡辺修一院長、すやま眼科の陶山秀夫院長、熱海市の山田義正長寿介護課長が認知症の早期発見と予防、現状などを講演し、温泉を利用した加齢による身体の機能的な衰えの軽減などについてパネルディスカッションした。
会場には独協大学経済学部の学生50人を含め計150人が来場し、熱心に聞き入った。大学生たちは、26日は「初島漁師の丼合戦」開催中の初島と梅まつりで賑わう熱海梅園を訪れ、熱海市を題材に「地域づくり」や「コミュニティ」を学ぶ。
◇連携協定 同機構は各地域の大学と協力し産学官連携による地域振興を目指す組織。熱海市とは2011年12月に人的・知的資源交流などに関する協定を締結。

聴衆塩超ロング市長FSCN8521DSCN8535DSCN8532IMAG2267FSCN8509DSCN8484

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る