【社会】熱海の「散骨場」の建設報道でBPOが見解

熱海市で「散骨場」の建設計画を進め、反対運動が起きている問題で、顔や名前を報じないことを条件に記者会見をしたのに、守られなかったとして、民間業者の男性社長がBPO(=放送倫理・番組向上機構)に申し立てた事案で、BPOは16日、放送倫理違反はあったが肖像権侵害はなかったとする「見解」を示した。
BPOはまた、社会的関心事の当事者からの「顔や名前を出さない記者会見に応じる」とする求めを受け入れた熱海市役所記者会の判断に対して、「取材・報道規制につながる申し入れに応じるようなことはあってはならない」と指摘した。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

ページ上部へ戻る