【社会】熱海港の沖合で男性の遺体漂流 40歳から50歳の男性

1月31日午後0時10分ごろ、熱海港の沖合750mの海上に漂流する遺体を漁船が発見し、110番通報した。遺体は男性で40歳から50歳。身長165センチ。小太りで黒の半そでTシャツとジーンズ、茶色の運動靴を着用していた。死後2日~7日ほどとみられ、警察は身元と死因を調べている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
  2. 2020-8-11

    熱海・伊豆多賀海上花火大会、12日午後8時20分〜長浜海浜公園

    熱海市の多賀観光協会は8月12日、長浜海浜公園で伊豆多賀海上花火大会を開催する。時間は午後8時20…
  3. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  4. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
ページ上部へ戻る