【社会】熱海駅のランドマーク消える 三角屋根の大時台

新駅舎の新築工事に伴い、旧駅舎の取り壊しが進行している熱海駅で21日夜、駅正面の三角屋根に設置されていた時計台がショベルカーで取り壊された。一夜明けた駅前広場からは新幹線のプラットホームや桃山の街並みがくっきり。長年、この大時計を見ながら、駅構内に駆け込んだ利用者も多く、消えたランドマークを惜しむ人が感慨深く見入っていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠景

夜間工事 深澤良

21日夜の工事=深澤良さん撮影

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る