【社会】男児ポルノ愛好家6人逮捕 熱海にも飛び火

男児にわいせつな行為をし、動画撮影したなどとして、強制わいせつなどの疑いで男児ポルノ愛好者グループの男6人が逮捕、起訴された事件で、強制わいせつ罪などで起訴された都内の小学校教員の被告(45)が「お肉を買ってきたからステーキを食べようと」などと男児を誘い、入浴などを促してその様子を隠し撮りしていた疑いがあることが分かった。同被告は静岡県内の市のスーパーで声をかけ、愛好家仲間の都内の元小学校教諭の被告(66)が熱海市内に所有するリゾートマンションで、わいせつな行為をしていたという。2月10日、横浜地裁で開かれた公判で、検察側が明らかにした。
会員制交流サイト(SNS)を利用した6人の所持品などからは計168人分の男児の写真や動画など約10万点が確認され、神奈川など7県警が摘発した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

ページ上部へ戻る