【社会】県津波対策説明会、熱海市街は10メートル

静岡県と熱海市は26日、熱海市下多賀の南熱海マリンホールで「津波対策についての説明会」を開いた。町内会、自主防災会、消防、警察、観光、商工関係者ら約200人が出席。説明会では静岡大学防災総合センターの原田賢治准教授が「相模灘で想定される津波と津波防災」をテーマに講演した。津波のスピードは水深4000メートルで時速700キロ、水深100メートルで時速110キロ、陸上では時速25キロ。水深が浅くなるほど速度が遅くなるが、その分、津波が高くなる。県が公表した想定ではレベル2(相模トラフ沿いのM8.5)の地震が発生した場合、熱海中心部で最大10メートル、伊豆山、上多賀、網代で最大12メートル、初島では最大18メートルの津波が予想される、としている。
◇海抜 糸川遊歩道の糸川橋付近が海抜4.1メートル、熱海市役所前の花広場付近が海抜10.6メートル。

DSCN7600DSCN7776IMAG2275IMAG2276

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  2. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
  3. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  4. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
ページ上部へ戻る