【社会】箱根山が小規模噴火、警戒レベル「3」に引き上げ

気象庁は30日、火山活動が高まっている熱海市にも近い箱根山の大涌谷でごく小規模な噴火が発生したとみられると発表し、噴火警戒レベルを「2(火口周辺規制)」から「3(入山規制)」に引き上げた。箱根町は火口の半径約1キロに避難指示を出した。
同庁職員らが30日に現地調査をした際、大涌谷で29日に確認された新たな噴気孔の周囲で、火山灰などの噴出物が堆積して盛り上がっているのが見つかった。30㌢くらいの噴石が飛んだのを確認。箱根ロープウェイの大涌谷駅周辺で降灰も確認されたため、同庁は小規模な噴火が起きたとみられると判断した。

30日午前には、体に揺れを感じる震度3~1の地震が10回発生し、6時56分のマグニチュード3・3の地震では、同町で震度3を観測した。熱海市でも午前6時56分と同10時52分に震度1の地震を観測した。

大涌谷

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  2. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  3. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  4. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
ページ上部へ戻る