【社寺】安全な水の安定供給を祈願 明水神社で「例大祭」

水の神様で知られる熱海市西山町の「明水神社」で8日、熱海管工事工業組合(菅谷正理事長)が主催する春季例大祭が開かれた。
熱海市の良質な水質を誇る水源に感謝し、安全な水の安定供給を祈願するもので、田辺国治副市長、高橋幸雄議長をはじめ市議、大舘節生熱海建設協会会長、竹部隆西山町内会長、佐藤光俊熱海市公営企業部長など40人が参列。来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、この1年、ぶじ水道事業が執行できたことに感謝し、新たな1年のご加護を願った。

同神社は、現在の第一小学校の土地に西山浄水場があった頃、京都の籠神社よりご神体を分けて戴き、昭和13年に祭られた。その後昭和30年に現在の地へ社殿を移し、熱海市の水道の守り神なっている。

菅谷理事長1IMG_0195ss24

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
  2. 2020-2-25

    【お悔やみ】十文字ひとみさん(熱海市梅園町)2月21日死去

    十文字ひとみさん(じゅうもんじ・ひとみ)2月21日死去、49歳。熱海市梅園町。通夜25日午後6時。…
  3. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  4. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
ページ上部へ戻る