【社寺】新婚夫婦の前途を祝福、「水浴びせ式」

熱海市下多賀の下多賀神社(雨宮盛克宮司)で2日、国選択無形民俗文化財に指定される「水浴びせ式」があった。鹿島水浴びせ保存会(高橋治正会長)の会員と小刀を挿した多賀中学校の生徒が唄と「水浴びせ踊り」を披露し、水役が昨年結婚した花婿に笹水を振り掛け、新婚夫婦の門出を祝った。斎藤栄市長もお祝いに駆け付けた。
下多賀地区で伝承される儀式で、前年に結婚した若者が円満な家庭を築くように祈願する。

今年は上多賀の八木昭寿さん(44)と晴美さん(38)、紅葉ガ丘町の及川哲治さん(32)と允代さん(33)の2組が参加した。毎年1月2日の新年祈願祭に続き行っている。

水浴びせ式1 水3 水5

写真=江間章さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る