【社寺】網代・大縄海岸で「どんど焼き」、無病息災を祈る

正月飾りを焼く「どんどん焼き」が熱海市内の各地域で行われているなか、網代・大縄海岸では16日、和田木地区の「和田木親と子の会」が「どんど焼き」
(どんどん焼き)を行った。
砂浜に正月飾りやだるま、しめ飾りなどを積み上げた高さ約20メートルのおんべを設置。消防関係者が見守る中、地域住民や観光関係者らが燃え上がる火を囲みながら、今年一年の無病息災を願った。会場では同会メンバーが参加者に豚汁をふるまい、厄よけとされる焼いた竹は、細かく割って配った。
40年余り続いている行事で、初代会長の川口市雄さん(前市長)や川口覚和田木町内会長、川口健網代温泉観光協会長らも駆けつけた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る