【社寺】運慶作の毘沙門天像、年に1回「1時間だけ」のご開帳

 

熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日朝、例大祭が開かれ、毘沙門天像がご開帳された。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1回、この日の午前5時30分〜6時30分の1時間だけ。午前5時30分、富西寺の小野歓芳住職の読経とともに御簾(みす)が上げられと、参拝者たちは毘沙門天像に手を合わせ、家内安全、商売繁盛などを祈願した。縁起物のだるまの販売もあり、多くの人が買い求めた。

メーン 正面右横登り旗とりい DSC_3923ssDSC_3910ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-24

    厳しい暑さ収まり、花火見物に3万2千人 熱海サンビーチ、黒山の人だかり

    遅い梅雨明け後、いきなり猛暑に突入した今年の夏。今夏は例年より花火観賞に訪れる人が少なめに…
  2. 2019-8-24

    【お悔やみ】久松初枝さん(熱海市中央町)8月21日死去

    久松初枝さん(ひさまつ・はつえ)8月21日死去、95歳。熱海市中央町。通夜24日午後6時。告別式2…
  3. 2019-8-24

    【お悔やみ】関原みさをさん(熱海市山手町)8月22日死去

    関原みさをさん(せきはら・みさを)8月22日死去、79歳。熱海市山手町。出棺24日午後2時、熱海葬…
  4. 2019-8-23

    最強地下アイドルユニット「仮面女子」、熱海海上花火大会に出現

    夏季熱海海上花火大会開催に合わせ、打ち上げ前に親水公園イベント広場で開かれる「ゆか…
ページ上部へ戻る