【社寺】運慶作の毘沙門天像、年に1回「1時間だけ」のご開帳

 

熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日朝、例大祭が開かれ、毘沙門天像がご開帳された。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1回、この日の午前5時30分〜6時30分の1時間だけ。午前5時30分、富西寺の小野歓芳住職の読経とともに御簾(みす)が上げられと、参拝者たちは毘沙門天像に手を合わせ、家内安全、商売繁盛などを祈願した。縁起物のだるまの販売もあり、多くの人が買い求めた。

メーン 正面右横登り旗とりい DSC_3923ssDSC_3910ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-18

    中村アンさん、熱海ベイリゾート後楽園「キャンペーン・アンバサダー」就任

    モデルで女優、中村アンさん(31)が3月28日に新規オープンする熱海市の複合型リゾート「AT…
  2. 2019-2-18

    熱海最大級の日帰り温泉施設、複合型「熱海ベイリゾート後楽園」記者発表会

    東京ドーム傘下で熱海後楽園ホテルなどを運営する熱海市の東京ドーム・リゾートオペレーション…
  3. 2019-2-18

    明晩、スーパームーン! 満月のピークは20日午前0時54分ごろ

    月が地球に近づき、今年最も大きく見える満月「スーパームーン」が明日2月19日夕方から20日明…
  4. 2019-2-18

    人気和洋菓子店18店が観梅客にスイーツ贈呈/熱海菓子組合青年部

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月17日、「熱海菓子商工組合青年部」(武山陽司会長)が「お菓…
ページ上部へ戻る