【社寺】189年ぶり、獅子修復 鮮やかな緑よみがえる

熱海市の下多賀町内会(高木洋明会長)は、下多賀神社の獅子を189年ぶりに修復した。獅子は雌雄合わせて4つあり、そのうち3つは189年ぶり、残り1つは50年ぶり。17、18日の例大祭で初めて披露され、雨宮盛克宮司がお払いし、御神幸行列では子供たちの頭や手にかみついて、家内安全や無病息災を祈願した。
また約70年ぶりに大太鼓の皮を張り替え、白衣とはかまも50年ぶりに新調した。

獅子入り

宮司

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る