【経済】シンガポールと中国で観光PR、夏秋の誘客

熱海国際経済交流会の加藤崇夫理事は20日までの4日間、アジアの拠点シンガポールで観光PRを行った。熱海海上花火大会、梅園もみじまつりなどを紹介する英語や中国語で書かれたパンフレットやあつおグッズなどを持参して主要旅行業者各社を訪問。夏季・秋季のイベントを紹介するなどして熱海温泉を売り込んだ。
近年、シンガポールでは就学旅行等で日本訪問を希望する学校が増えており、加藤理事は、熱海市の宿泊施設は東京や神奈川、世界遺産・富士山、アウトレットが近距離にあることなどの至便性を強調し、誘客に努めた。昨秋に続く訪問で交渉を促進した。

前熱海商議所会頭の鵜沢精一会長も3月7日から10日の日程で熱海市と姉妹都市契約を結ぶ中国広東省の珠海市と広州市を訪問。中国語2種類のパンフレットを用いて行政幹部や大手旅行社代表と面会し、友好親善や熱海温泉のPRを実施した。

シンガポール訪問

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
  2. 2021-2-27

    【お悔やみ】津田博之さん(熱海市中央町)2月25日死去 友楽町町内会長

    津田博之さん(つだ・ひろゆき)2月25日死去、80歳。熱海市中央町3の10。バー「メキシコ」。有楽…
  3. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  4. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
ページ上部へ戻る