【経済】喫煙家に朗報 熱海駅前広場にスモークングエリア設置

 

熱海駅で「熱海コンシェルジェ(観光案内所)」を運営する熱海駅観光案内協議会(会長・斉藤栄熱海市長)は9日、熱海商工会議所で平成26年度の総会を開いた。事業計画や予算などを承認、役員改選で全員留任を決めた。
25年度のコンシェルジェ利用者は11万1383人で、前年度に比べ1299人、1.1%増加。1日平均約300人が利用したが、スマートフォンの普及で窓口利用者が減った。
相談役を務めるJR東日本熱海駅の朴舘良詞駅長は「コンシェルジェで人の流れも変わる。これからも協力して熱海の発展に尽くしていきたい」とあいさつした。熱海駅では現在、平成27年度中の完成を目指し、駅舎・駅ビルの改築工事が続けられている。

 

また、市は駅前広場の整備に伴い、日本たばこ産業(JT)の協力を得てスモーキングエリア(喫煙所)を設置すると発表した。

場所は改札口の正面の第一ビル入り口の横で、高さ1.85メートル、幅2.4メートル、奥行き2.1メートルの透明の仕切り板を「コ」の字型に配置する。ポイ捨てや歩きたばこなどマナーを守らない喫煙者もおり、設置を決めた。

7月から設置工事に着手し、同月中旬の供用を目指す。

 
(熱海ネット新聞)

 

スモーキングコーナー

完成イメージ図(熱海駅前広場の喫煙所)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る