【経済】外資が「大江戸温泉物語あたみ」親会社を買収

熱海の「大江戸温泉物語あたみ」(旧南明ホテル)などを運営する「大江戸温泉ホールディングス」が米大手投資ファンドのベインキャピタルに総額500億円で買収されることが分かった。13日の日本経済新聞が報じた。将来、温泉を訪れる外国人観光客の増加を見込んでのものだという。
「大江戸温泉ホールディングス」は日光市の「鬼怒川観光ホテル」、「お台場大江戸温泉物語」など全国の有名旅館を次々に買い上げ、全国29カ所で温泉旅館や温浴施設を運営している。今後は上場を目指すという。

ooedo

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る