【経済】外資が「大江戸温泉物語あたみ」親会社を買収

熱海の「大江戸温泉物語あたみ」(旧南明ホテル)などを運営する「大江戸温泉ホールディングス」が米大手投資ファンドのベインキャピタルに総額500億円で買収されることが分かった。13日の日本経済新聞が報じた。将来、温泉を訪れる外国人観光客の増加を見込んでのものだという。
「大江戸温泉ホールディングス」は日光市の「鬼怒川観光ホテル」、「お台場大江戸温泉物語」など全国の有名旅館を次々に買い上げ、全国29カ所で温泉旅館や温浴施設を運営している。今後は上場を目指すという。

ooedo

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  2. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  3. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  4. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
ページ上部へ戻る