【経済】旧正月が始まり、中国・寧波から静岡空港に初チャーター便

中国の春節(旧正月)連休が18日に始まるのを前に17日、静岡空港に静岡と中国浙江省・寧波(ネイハ)を結ぶ初めてのチャーター便が156人を乗せて到着した。3月28日まで週2往復運航する中国東方航空のチャーター便でチャーター便はツアー客でほぼ満席だという。
今年の春節(旧正月、今年は2月19日)と元宵節(今年は3月5日)の連休期間の中国人の旅行者数はのべ2億2500万人。観光庁によると、平成26年の中国人観光客1人当たりの宿泊費や買い物代などを合計した支出額は23万1753円という。
静岡空港からの寧波線は、早ければ3月29日の夏ダイヤから定期便になる見込みで、実現すれば、国際線は中国・台湾・韓国とを結ぶ5路線となる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る