【経済】無閉塞型プロペラ水車の実証実験報告 

再生可能エネルギーの普及を目指す「熱海グリーンエネルギー推進協議会」(井手由起雄会長)は15日、熱海市桃山町の救世会館ホールで第2回シンポジウムを開き、熱海市の地域特性を生かしたグリーンエネルギーの可能性を探った。

同協議会では、昨年8月から糸川上流に流れに置くだけで発電する「小型水車無閉塞型プロペラ水車」を設置して実証実験を続けている。当初、落ち葉などのごみで水車がつまる技術的な課題が懸念されたが、実証実験では「中空径(プロペラ内部の穴の大きさ)が75ミリ以上あれば、無閉塞運転が可能だった」という。

名古屋大学エコトピア科学研究所の内山知美客員教授をコーディネーターにパネルディスカッションも行い、信州大の池田敏彦名誉教授、県エネルギー政策課の高畠英治課長らが参加してグリーンエネルギーの可能性について意見を交わした。

kawa

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る