【経済】24日から熱海梅園産の「梅まんじゅう」販売、東明

熱海梅園で収穫した梅を活用した平成26年度産「梅まんじゅう」が24日から市内の宿泊施設、土産物店などで販売される。東明(岸幸宏社長)が製造したもので今年1月に新発売し「平成25年度産」に続いて今回が2回目の販売。
熱海市では平成18年から熱海梅園の梅の実を活用した名産品創りを企画、東明が応じた。今シーズン梅園では例年並みの420キロを収穫。梅まんじゅうには、このうち半分の210キロを使った。青梅の種を抜き、ペースト状にした果肉を中身の白あんに混ぜた。販売価格は1箱9個入り900円で、約1500箱を製造した。
JR熱海駅周辺の土産店、市内のホテル、旅館、MOA美術館など約10カ所で販売する。

 

梅収獲

梅園うめ

 

饅頭

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る