【編集室】乱雪、思いのまま、月影枝垂れ 遅れてやってきた”バイ”プレーヤー


熱海市は熱海梅園で開催中の梅まつりは今週から入場料が無料になった。多くの梅の花が見頃過ぎにはいったためだが、一方で人気の高い遅咲きの梅が咲き誇っている。乱雪、思いのまま、月影枝垂れ、白獅子、緑顎枝垂れは今がピークで、もっとも遅く咲く開運はまだつぼみ。熱海在住の演歌歌手高瀬一郎さんの曲名やみなみ製菓のもなかにもこの名がついた紅千鳥目当ての多く、3月1日も朝から来園者でにぎわっている。









関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-25

    【文化】千利休の書状と沢庵宗彭の謡本 熱海市指定文化財に追加 

    熱海市教育委員会教委は11月24日、市指定文化財(古文書および書籍)に、世界救世教(本部・熱…
  2. 2017-11-25

    【お悔やみ】星野安枝さん(網代)11月23日死去

    星野安枝さん(ほしの・やすえ)11月23日死去、95歳。熱海市網代。通夜26日午後6時。告別式27日…
  3. 2017-11-24

    【熱海の花】今年は白の冬至梅(とうじばい)、熱海梅園で一番咲きを確認 

    「もみじまつりが」開催中の熱海梅園で11月24日、早咲きの梅が花を咲かせた。昨年より6日遅く、最近1…
  4. 2017-11-24

    【編集室】色づいた庭園を一般公開 新技術開発財団・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で1…
ページ上部へ戻る