【編集室】今年は河津桜に圧勝、「熱海の一人勝ち」

先週来、河津町や下田方面の読者が増えている。河津桜の桜まつりが10日に始まり、熱海梅園の梅まつりの開花状況が気になるようだ。2つのまつりはライバル。河津桜まつりが始まると 熱海梅園への客足が遠のく、と懸念する市内の観光関係者は少なくない。しかし、今年は熱海に風が吹いている。読者からの情報では、河津の桜はちらほら咲いているものの、何分咲きには至っていない、とのこと。一方、熱海梅園の梅の開花は例年並みだが、ここに来ての寒さでブレーキがかかり、スローダウン。いつもなら今が一番の見頃の時期なのだが、ピークがまだ来ていない。おかげで見頃が長く続く最高のパターンになっている。相乗効果であたみ桜が満開の糸川界隈の飲食店もにぎわっている。
「今年は熱海の一人勝ちです」旅行業界からそんな声が聞こえてきた。
(編集主幹・松本洋二)

0 1 3 4 5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-19

    アイドル梅「思いのまま」、乱雪など遅咲き梅が主役に 熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園では、思いのまま、乱雪、白獅子、東錦、緑顎(りょくがく)枝垂れ、月影枝垂れ…
  2. 2020-2-19

    川勝知事、新型コロナウイルスを警戒 24時間体制で電話相談窓口

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、川勝平太静岡知事は2月18日、急きょ会見を開き、新型コロナウイ…
  3. 2020-2-19

    【お悔やみ】三谷つるさん(熱海市青葉町)2月16日死去

    三谷つるさん(みたに・つる)2月16日死去、89歳。熱海市青葉町。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  4. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
ページ上部へ戻る