【編集室】明治安田生命の「ルーキー4番」小川拓真、社会人初打席で本塁打

社会人野球の明治安田生命が17日、キャンプ中の伊豆市・志太スタジアムで今季初のオープン戦を東海大海洋(静岡学生野球リーグ)と行った。この試合で4番・一塁で先発出場したのは今春、中央大学を卒業する新人の小川拓真内野手(23、静岡高―中大)。2回先頭の打席で左翼へ本塁打を放ち、レギュラー獲得を強烈にアピールした。
小川選手は熱海市出身で2014年の熱海市の成人式に女子プロゴルファーの渡邉彩香さんなどとともに出席。式では出席者を代表して「プロ野球選手になって親孝行をしたい」と決意を述べていた。
同世代の渡邉さんが昨年、女子ツアーで2勝を挙げ、日本人最高選手最高位の獲得賞金6位になったことで刺激を受けている。今後の活躍が楽しみだ。
O AA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る