【編集室】熱海ブランドが「教材」、日大生が現地研修

熱海駅前の足湯施設「家康の湯」が再開した20日、駅前広場に大勢の学生が現れ、居合せた市民や観光客をびっくりさせた。日本大学短期学部(三島市)の大学生たちで、熱海商工会議所が魅力ある地元商品を「熱海ブランド」として販売する事業「ATAMI COLLECTION A―PLUS」を教材に熱海市街で現地研修した。

同ブランドの認定委員長を務める室伏誠さんは同大食物栄養学科長。この日は室伏教授と6人の教職、111人の1年生が5班に分かれて熱海入り。熱海まちあるきガイドの会(志方日出太郎会長)の会員が各班に2人ついて市内を案内し、熱海ブランドに認定された各店舗と85の商品を分担して視て回った。これこそ生きた教材。各分野の大学関係者が注目しているという。(編集主幹)

DSC_3360ss

DSC_3354ssDSC_3334ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-24

    早見優さんゆかりの河津桜が満開/熱海市咲見町・医王寺 

    熱海市街のあたみ桜が見頃過ぎに入り、後を追うように熱海市でも河津桜が見頃を迎えた。市内咲見町…
  2. 2019-2-24

    富士山の日、「熱海梅園・早春ウォーク」/熱海まち歩きガイドの会

    民間観光ボランティア「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子代表)は2月23日、熱海梅園で「富…
  3. 2019-2-24

    【お悔やみ】山田静夫さん(熱海市和田町)2月22日死去

    山田静夫さん(やまだ・しずお)2月22日死去、87歳。熱海市和田町。通夜25日午後6時。告別式26日…
  4. 2019-2-24

    【お悔やみ】宇田利孝さん(熱海市清水町)2月22日死去

    宇田利孝さん(うだ・としたか)2月22日死去、80歳。熱海市清水町。通夜24日午後6時。告別式25日…
ページ上部へ戻る