【編集室】熱海ブランドが「教材」、日大生が現地研修

熱海駅前の足湯施設「家康の湯」が再開した20日、駅前広場に大勢の学生が現れ、居合せた市民や観光客をびっくりさせた。日本大学短期学部(三島市)の大学生たちで、熱海商工会議所が魅力ある地元商品を「熱海ブランド」として販売する事業「ATAMI COLLECTION A―PLUS」を教材に熱海市街で現地研修した。

同ブランドの認定委員長を務める室伏誠さんは同大食物栄養学科長。この日は室伏教授と6人の教職、111人の1年生が5班に分かれて熱海入り。熱海まちあるきガイドの会(志方日出太郎会長)の会員が各班に2人ついて市内を案内し、熱海ブランドに認定された各店舗と85の商品を分担して視て回った。これこそ生きた教材。各分野の大学関係者が注目しているという。(編集主幹)

DSC_3360ss

DSC_3354ssDSC_3334ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る