【編集室】蛭川麻季子さん、佐世保市の移住コーディネーターに就任

元熱海市議の蛭川(ひるかわ)麻季子さん(49)が、4月1日から総務省事業の地域おこし協力隊の一人として長崎県佐世保市の「移住コーディネーター」(嘱託職員)に採用された。任期は最長3年。地方創生の一環で新年度から本格化させる同市のUJIターン支援を担当する。
市役所の「させぼ移住サポートデスク」を拠点に、長崎県が相談員を置く「ふるさと回帰支援センター」(東京)と連携し、首都圏などの移住希望者に地元の就職先や住居などを紹介。定住してもらえるよう、移住後も相談などにあたるという。
蛭川さんは佐世保特産「九十九島カキ」を取り寄せたことがあった縁から応募し、採用された。人口減少に悩む佐世保市は、移住者を対象に空き家の改修や引っ越し費用などを補助し、UJIターンを促進させるために移住コーディネーターを配置。サポートデスクを通じた移住の達成目標を年間10人としている。
写真=「佐世保市地域おこし協力隊~移住のススメ~」fbより

atamisigi

熱海市議当時の蛭川麻季子さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る