【芸妓】梅花を背に華麗な舞、春へいざなう

早春の観光シーズンの幕開けを告げる「熱海梅園・梅まつり」が始まり、ほのかに漂う梅の香りと花を楽しむ観光客でにぎわった。
オープニングセレモニーでは熱海芸妓の京馬、ちづ穂、ほたる、金太郎、小夏の5人の芸妓が露子さんの三味線と小いちさんの鳴物であでやかな舞いを披露した。この日は「初春」「伊勢音頭」と縁起のいい演目で始まり、「梅まつりの唄」と続き、フィナーレの「三下り甚句」で締め、観光客から大きな拍手が起きた。
舞台後は、新年ならではの黒留め袖姿で園内を散策、梅を背景に記念撮影を求める人たちに笑顔で応じ、人だかりができた。

DSCN6811

DSC_4599ss2DSCN6804DSC_4585ss3IMG_1927 動画

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る