【芸能】熱海囃子の笛の音で梅まつり開演

熱海の郷土芸能である「熱海囃子」の笛を後世につたえようと活動を続ける「熱海囃子笛伶会」(西川和正代表)が10日、中央広場であった「梅まつり」オープニングセレモニーの前後に演奏を披露し、熱海らしさを演出した。同会は1971年に結成され、「梅まつり」をはじめ、来宮神社「大楠祭」など市内のイベントで活躍している。

DSCN6782DSCN6779IMG_1900 動画

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  2. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
  3. 2020-9-18

    熱海市のコロナ感染者比率県内トップ 人口10万人に置き換えと106人

    杉山利勝市議 熱海市議会9月定例会の一般質問が9月17日始まり、各議員から新型コロナウイルス…
  4. 2020-9-17

    ホテル「ISHINOYA熱海」オープン 斜面型集合住宅「熱海パサニア」改修

    全国で貸し会議室や宿泊研修ホテルを手がけるティーケーピー(TKP、本社・東京都新宿区)は9…
ページ上部へ戻る