【芸術】光琳二大国宝展、来場10万人達成 

MOA美術館で3月3日まで開かれている特別展「光琳アート 光琳と現代美術」の入場者が2日、10万人を達成した。10万人目になったのは、徳島県美馬市の多田かずみさん(51)。インターネットで「燕子花図屏風」と「紅白梅図屏風」の二大国宝同時公開を知り、この展示会のために親子で訪れたという。主催するMOA美術館常務理事の斎藤泰彦常務理事から紅白梅図の40分の1レプリカや図録などが贈られた。
同展は江戸時代の代表的な画家尾形光琳(1658〜1716年)の300年忌を記念した特別展で光琳が残した国宝の金屏風(びょうぶ)2点が56年ぶりに同時展示されている。MOAが所蔵する「紅白梅図屏風」と根津美術館(東京・南青山)所蔵の「燕子花図屏風」。両作品がそろうのは天皇、皇后両陛下のご結婚を記念した昭和34年4月の根津美術館での「琳派秀作展」以来。同展は2月4日から開催、21日に5万人を超え、それから9日で10万人を突破。1日には1万930人が入館した。4月18日〜5月17日には根津美術館に会場を移し、展覧会を開く。(写真=MOA美術館)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2020-4-7

    起雲閣、澤田政廣美術館など熱海市の文化施設 4月8日から臨時休館 

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府が法律に基づく「緊急事態宣言」を行ったのを受け、熱海市は…
  2. 2020-4-7

    GW5月3日〜5日「春のあたみビール祭り」中止 熱海市観光協会

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市観光協会は4月7日、5月3日〜5日に渚親水公園レインボー…
  3. 2020-4-7

    歌川広重「東海道五十三次」 4月8日で打ち切り MOA美術館

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、MOA美術館は4月7日、4月9日〜23日まで臨時休館すると発表…
  4. 2020-4-7

    新型コロナ「緊急事態宣言」発令 観光客消え、熱海駅前商街も閑散

    新型コロナウイルスの感染が都市部で急速に拡大していることを受けて、安倍晋三首相は4月7日、…
ページ上部へ戻る