【芸術】光琳二大国宝展、来場5万人達成 

MOA美術館で3月3日まで開かれている特別展「光琳アート 光琳と現代美術」の入場者が21日、18日目で5万人を達成した。5万人目になったのは、静岡県南伊豆町の高橋奈都世さん(57)。主催するMOA美術館常務理事の斎藤泰彦常務理事から紅白梅図の40分の1レプリカや図録などが贈られた。
同展は江戸時代の代表的な画家尾形光琳(1658〜1716年)の300年忌を記念した特別展で光琳が残した国宝の金屏風(びょうぶ)2点が56年ぶりに同時展示されている。MOAが所蔵する「紅白梅図屏風」と根津美術館(東京・南青山)所蔵の「燕子花図屏風」。両作品がそろうのは天皇、皇后両陛下のご結婚を記念した昭和34年4月の根津美術館での「琳派秀作展」以来。同展の1日平均の入館者は通常の3倍近い約3000人。この日は約7000人が訪れた。
特別展は3月3日まで、無休で開催。4月18日〜5月17日には根津美術館に会場を移し、展覧会を開く。

贈呈女レプリカ取材DSCN8179DSC_9933ss DSC_9932

DSC_0710ss img185ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る