【芸術】光琳二大国宝展、来場5万人達成 

MOA美術館で3月3日まで開かれている特別展「光琳アート 光琳と現代美術」の入場者が21日、18日目で5万人を達成した。5万人目になったのは、静岡県南伊豆町の高橋奈都世さん(57)。主催するMOA美術館常務理事の斎藤泰彦常務理事から紅白梅図の40分の1レプリカや図録などが贈られた。
同展は江戸時代の代表的な画家尾形光琳(1658〜1716年)の300年忌を記念した特別展で光琳が残した国宝の金屏風(びょうぶ)2点が56年ぶりに同時展示されている。MOAが所蔵する「紅白梅図屏風」と根津美術館(東京・南青山)所蔵の「燕子花図屏風」。両作品がそろうのは天皇、皇后両陛下のご結婚を記念した昭和34年4月の根津美術館での「琳派秀作展」以来。同展の1日平均の入館者は通常の3倍近い約3000人。この日は約7000人が訪れた。
特別展は3月3日まで、無休で開催。4月18日〜5月17日には根津美術館に会場を移し、展覧会を開く。

贈呈女レプリカ取材DSCN8179DSC_9933ss DSC_9932

DSC_0710ss img185ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  2. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  3. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
  4. 2018-8-14

    【お悔やみ】鈴木孟彦さん(熱海市網代)8月11日死去

    鈴木孟彦さん(すずき・たけひこ)8月11日死去、83歳。熱海市網代。出棺15日午前11時、JAホール…
ページ上部へ戻る