【議会】市長の給料減額など8案件を可決 11月定例会が閉会

熱海市議会は12月15日、11月定例会最終本会議を開き、平成28年度一般会計補正予算、市職員の横領容疑処分による市長、副市長の給料減額(3カ月間10%カット)、熱海市図書館協議会の設置など8案件を審議し、原案通り可決、承認。11月定例会が閉会した。
◆人事案件 市監査委員に税理士の山田義広さん(64、銀座町)3期目▽市教育委員に会社社長の水野秀司さん(54、下多賀)3期目。ともに任期は4年。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る