【社会】解体を前に駅舎に感謝、ありがとう熱海駅セレモニー

新駅舎の新築工事が進む熱海駅で19日、「ありがとう熱海駅旧駅舎セレモニー」が開かれ、熱海駅が開業した大正14年(1925年)3月25日当時の写真や、駅舎の屋根裏などが公開された。
新熱海駅は11月末に駅舎部分の工事が完了し、今月から駅ビルの新築工事が始まった。熱海市のランドマークだった駅屋根の大時計も撤去され、駅の光景も様変わり。この日、市民有志から感謝の花束を贈られた石和和義JR東日本駅長は「この駅舎は90年にわたり、熱海の歴史を見守ってきた。来年秋には駅ビルを含めてすべて完成する。今度は新駅がこれからの熱海発展の玄関口になる」と期待を込めた。

◆熱海鉄道同好会・松尾光貴会長の話 江戸時代は徳川家康公をはじめ、徒歩や駕籠(かご)で難儀しながら熱海温泉に湯治に訪れた。しかし、明治になり、人車鉄道、そして軽便鉄道ができた。大正14年には、熱海線(湯河原ー熱海)が開通し、熱海駅が開業。昭和9年には丹那トンネルが開通し、東海道線に編入された。昭和39年には東海道新幹線が開通。熱海の鉄道には5つの山があり、熱海温泉はこその都度大きく発展してきた。その旧駅舎が解体されるに際し、感謝の気持ちを伝えたかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-23

    【熱海の花】春ウララ、海風に揺れる紫と白のフジ棚が見頃 サンレモ公園

    例年、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが例年より少し…
  2. 2017-4-22

    【編集室】渚町をアートで彩れ! リノベーションの起爆剤に作品展

    熱海市渚町のリノベーション賃貸物件「nagisArt(ナギサート)」で4月21~23日、市内外の…
  3. 2017-4-22

    【イベント】クラシックカー、伊豆半島駆ける 熱海起点にラリー車34台

    全国のクラシックカー愛好者が伊豆半島の山あいや海辺を2日間かけて約240kmのルートをたどる公道…
  4. 2017-4-22

    【イベント】チア全米一 日大三島「ピンキーチェリーズ」、熱海にエール

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは4月22日、熱海市の渚親…
ページ上部へ戻る