【文化】幽玄の世界いざなう かがり火の下、MOA美術館ムア広場で「薪能」 

真夏の風物詩「第31回MOA美術館薪能」が1日夜、MOA美術館ムア広場特設会場で開幕。初島、伊豆大島の夜景を背景に能舞台がかがり火に揺らめき、幽玄の世界が観衆を魅了した。初日のこの夜は、能「宝生流『清経(きよつね)』」、狂言「大蔵流『千鳥』」、能「宝生流『野守(のもり)』白頭(はくとう)」が演じられた。
MOA美術館の薪能は、日本の伝統文化の普及、向上と地域社会への貢献を願って毎年この時期に開催され、夏の風物詩として定着するとともに、熱海市の文化レベルの高さを全国に発信している。雄大な相模湾を眼下に望み、火入れ式のころには、湾上に漁火が揺るぎ、海原は光のるつぼと化す。出演者のレベルの高さと相まってまって、屈指の人気を誇っている。2日も行われる。

◆2日の演目
能「観世流『経正(つねまさ)』」▽狂言「和泉流『柿山伏(かきやまぶし)』」▽能「観世流『羽衣』彩色之伝(さいしきのでん)」

全員アップ  トップ薪点灯  始まり 影 囃子 カツラIMG_4624ss2 芝 客2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る