【編集室】まちづくりのトップリーダー、「NPO法人atamista」市来代表が講演

「ビジネス展開をするNPOの本音・地域経営時代に挑戦する社会起業家たち」が11日、焼津市立焼津公民館であり、県内でリノベーションまちづくりや、若者の地方での起業に取り組むNPOの代表者3人がトークセッションを行った。登壇した「atamista」の市来広一郎代表は、熱海市の中心市街地再生に向けて空き店舗を活用したカフェやゲストハウスをオープンさせた活動を紹介。「ゲストハウスはただ泊まってもらうだけではなく、熱海の住民づくりの新たな一歩にしたい」などと話し、熱海方式の地域活性化のヒントを紹介した。

◆講師
市来 広一郎氏(NPO法人atamista 代表理事)
飯倉清太氏(NPO法人NPOサプライズ 代表理事)
佐野 荘一氏(NPO法人 東海道・吉原宿 代表理事)
◆主催 静岡県労働者福祉基金協会

講師

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る