【社会】市民の署名1040筆、横田めぐみさんの両親に提出

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の両親を交えた「拉致問題シンポジウム」が6日、沼津市のプラサヴェルデであった。800人の出席者を前にめぐみさんの母早紀江さん(80)が、「拉致問題が解決するだけでなく、北朝鮮の貧しく苦しんでいる人たちが、本当の自由をつかんで幸せになって欲しい」と1977年にめぐみさんが失踪した際の状況や、拉致被害者を救うために続けてきた活動の経過を語った。
シンポジウムを前に和田翔平市議、斉藤栄市長夫人の淳子さん、松尾光貴さんがめぐみさんの父滋さん(83)と早紀江さんに「拉致被害者を早急に救出するよう求める」1040筆の署名を手渡した。先月26日から市内清水橋バス停などで集めたもので、これで熱海市民から寄せられた署名は県議会に提出した2012年以降だけで6000筆を超えた。

CahrCHcUcAAuwoT

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-27

    【お悔やみ】佐藤洋子さん(熱海市下多賀)10月26日死去

    佐藤洋子さん(さとう・ようこ)10月26日死去、82歳。熱海市下多賀。通夜28日午後6時。葬儀28…
  2. 2020-10-26

    熱海の秋祭りの最後を飾り、和田木神社で例大祭 神事を静かに斎行

    熱海市下多賀の和田木神社で10月25日、氏子や町内会など50人が参列して例大祭が斎行された…
  3. 2020-10-25

    熱海、本格的な回復を取り戻す 花火大会に1万1千人 年内に4回追加

    政府の観光支援事業「GoToトラベル」に東京発着が加わって1カ月。旅先の買い物、飲食に使え…
  4. 2020-10-25

    姫の沢公園で「スポーツフェスタ」5種類の教室で専門家から学ぶ

    コロナ禍で運動不足になった市民に様々なスポーツを体験してもらおうと10月24日、熱海市の姫…
ページ上部へ戻る