【編集室】お待たせ、クマガイソウが開花、日本最速の紅葉も

熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園の「春の一般公開」が今週末の24日で終了する。前週は白、紅、ピンクの3色のシダレモモや紫色のミツバツツジが主役を務めていたが、今週はクマガイソウの群生やアマギシャクナゲ、ヤマシャクヤクなどが見頃を迎え、春に紅葉する珍しいノムラカエデカエデやイロハモミジによく似たオオモミジが彩りを添えている。他所では見ることのできない春と秋が交錯する「春の一般公開」を心待ちしていた花ファンが、全国から続々訪れている。

◆クマガイソウ ラン科の多年草で、花の袋状の唇弁を平家物語に登場する熊谷次郎直実の母衣(ほろ=矢を防ぐ武具)に見立てて名付けられた。山野草ブームで自生のものは激減し、環境庁は絶滅危惧2類(絶滅の危機が増大している種)に指定。
◆植物研究園 リコー三愛グループ創始者の故市村清・ユキエ夫妻の別荘「清恵荘」を改修して平成3年に開園。現在は大学などの研究拠点のため非公開。標高277~310メートル。約1万2270平方メートルの園内には、400種以上の草花が植えられている。
◆アクセス JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後4時。入場は無料。熱海市相の原町11の8。問い合わせは☎0557-81-2656(同園)

クマガイソウ

IMG_2096ss (1)

クマガイソウ

アマギシャクナゲ

アマギシャクナゲ

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤク

おおもみじ

紅葉

ノムラカエデカエデ

緑おおもみじ

オオモミジ

トップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る