【花】猛暑の候、サンレモ公園で夏花「夾竹桃(キョウチクトウ)」が咲き誇る

熱海の夏を代表する花「夾竹桃」(キョウチクトウ)が熱海港に隣接するサンレモ公園路で鮮やかな赤桃色の花を咲かせ、初島へ向かう観光客の目を引き付けている。インド原産の常緑小高木で強い日射しにめっぽう強く、日本へは江戸中期に伝わった。葉がタケ、花がモモに似ていることからこの名がついた。広島に原爆が落ちて焼け野原になった時、一番最初に咲いたのが、この花。逆境に強い分、有毒性を含むので注意が必要。
破格の作家太宰治はこの花をこよなく愛し、自宅の庭に植栽。毎夏、強い日差しに立ち向かって咲くこの花を見て楽しんでいたという。

熱海港トップ  サンレモ公園 噴水

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る