【天体】ほんのりイチゴ色 熱海上空に「ストロベリームーン」

今年最も小さく見える満月「ストロベリームーン」が6月9日、熱海の夜空を飾った。熱海ネット新聞はその名の通り、ほんのりイチゴ色に染まった満月を撮影した。国立天文台によると、月は地球の周りを楕円(だえん)状の軌道で回っており、9日午後10時10分頃が、月が地球に最も遠のき、今年もっとも小さく見える満月になったという。直径が14%減量し、明るさも3割減り、イチゴのようなお月様に―。ちなみに今年もっとも大きく見える満月は12月4日。
(熱海ネット新聞・天体取材班=市内緑ヶ丘町で撮影)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    秋の夜空に3千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月22日、熱海湾で熱海海上花火大会の秋季シリーズが開幕した。台風12号…
  2. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  3. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  4. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
ページ上部へ戻る