【スポーツ】マスターズ水泳が開幕 265チーム1167人が出場

 

「2015年日本マスターズ水泳短水路大会静岡(熱海)会場」(日本マスターズ水泳協会主催)が30日、マリンスパあたみで開幕。31日までの2日間にわたり、265チーム、1167選手が参加して37競技のタイムを競う。今大会には世界記録を狙える選手3人(4種目)も参加。熱海からも約30人が「チームマリンスパ」として出場している。

開会式では、同協会の高木忠之専務理事、西島光章市経済観光部次長、茜ヶ久保シダックス大新東ヒューマンサービス薫取締役があいさつ。「あつお」とともに出場者にエールを送った。大会期間中、応援団、家族も合わせおよそ4000人の関係者が市内に宿泊。毎年、熱海に多大な経済効果をもたらせている。

◇日本マスターズ水泳短水路 全国25会場を舞台に18~24歳、25歳からは5歳ごとに区分した年齢別でタイムを競う。毎年80~90の公式・公認競技会を開催、延べ14万人が出場。短水路は25mプールを使用。熱海大会は5回目。

バック

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あいさつ ダンス看板

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る