【観光】ミス熱海「梅の女王」に熊谷さん 梅娘、桜娘も決定

「第29回ミス熱海梅の女王コンテスト」(熱海市観光協会主催)の最終審査が23日、MOA美術館・能楽堂で開かれ、熱海市の熊谷明日可さん(20、大学2年)が「第29代ミス熱海梅の女王」に輝いた。
「ミス熱海梅娘」には小松莉星さん(20、大学3年、東京都)と梅澤美咲さん(23、会社員、千葉・四街道市)。「ミス熱海桜娘」には稲生薫子さん(27、モデル、東京・小金井市)と永井優里さん(20、アルバイト、熱海市)がそれぞれ選ばれた。
5人は来年1月1日から2年間、観光大使として様々なイベントに参加し、熱海をPRする。梅の女王には20万円、梅娘・桜娘に10万円がそれぞれ贈られた。
コンテストには、熱海市(2)、静岡県内(7)をはじめ、東京(34)、神奈川(20)、埼玉(6)、千葉(3)、他(1)の1都4県から73人の応募があり、書類と写真による第1次審査を通過した20人が最終審査に臨んだ。

◆第29回ミス熱海梅の女王
11番 熊谷明日可くまがい・あすか)20歳、熱海市泉生まれ。泉小、泉中、県立韮山高校に進み、現在専修大学経済学部2年。
◆ミス熱海梅娘
5番 小松莉星(こまつ・りせ)20歳、国学院大学3年、東京都杉並区(熱海市出身)
16番 梅澤美咲(うめざわ・みさき)23、会社員、千葉県四街道市
◆ミス熱海桜娘
7番 稲生薫子(いのう・かおるこ)27歳、スキューバーダイバーライター、東京都小金井市
8番 永井優里(ながい・ゆうり)20歳、アルバイト、熱海市

市長

IMG_7209ss (1)IMG_7193ss (2)

IMG_7235ss (1)7ninn

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  2. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
  3. 2019-12-9

    消費増税も影響なし、忘年熱海海上花火大会に1万5千人 冬の夜空彩る

    熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月8日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスタ…
  4. 2019-12-8

    第31代ミス熱海「梅の女王」に杉本和香奈さん 聖心女子大卒の才媛

    熱海市観光協会は12月8日、起雲閣で「第31代ミス熱海梅の女王」と「同梅娘」「同桜娘」の発…
ページ上部へ戻る