【観光】ミス熱海「梅の女王」に熊谷さん 梅娘、桜娘も決定

「第29回ミス熱海梅の女王コンテスト」(熱海市観光協会主催)の最終審査が23日、MOA美術館・能楽堂で開かれ、熱海市の熊谷明日可さん(20、大学2年)が「第29代ミス熱海梅の女王」に輝いた。
「ミス熱海梅娘」には小松莉星さん(20、大学3年、東京都)と梅澤美咲さん(23、会社員、千葉・四街道市)。「ミス熱海桜娘」には稲生薫子さん(27、モデル、東京・小金井市)と永井優里さん(20、アルバイト、熱海市)がそれぞれ選ばれた。
5人は来年1月1日から2年間、観光大使として様々なイベントに参加し、熱海をPRする。梅の女王には20万円、梅娘・桜娘に10万円がそれぞれ贈られた。
コンテストには、熱海市(2)、静岡県内(7)をはじめ、東京(34)、神奈川(20)、埼玉(6)、千葉(3)、他(1)の1都4県から73人の応募があり、書類と写真による第1次審査を通過した20人が最終審査に臨んだ。

◆第29回ミス熱海梅の女王
11番 熊谷明日可くまがい・あすか)20歳、熱海市泉生まれ。泉小、泉中、県立韮山高校に進み、現在専修大学経済学部2年。
◆ミス熱海梅娘
5番 小松莉星(こまつ・りせ)20歳、国学院大学3年、東京都杉並区(熱海市出身)
16番 梅澤美咲(うめざわ・みさき)23、会社員、千葉県四街道市
◆ミス熱海桜娘
7番 稲生薫子(いのう・かおるこ)27歳、スキューバーダイバーライター、東京都小金井市
8番 永井優里(ながい・ゆうり)20歳、アルバイト、熱海市

市長

IMG_7209ss (1)IMG_7193ss (2)

IMG_7235ss (1)7ninn

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る