【社会】ランニングポリス「熱海署」、あと一歩で優勝取り逃がす

熱海市街をランニングしながら、振り込め詐欺などの被害防止を呼びかける熱海署自慢の「ランニングポリス」が市民駅伝に出動。及川博行署長をアンカーに据え、11人のメンバーから選りすぐりの6人がゼッケン「110」番を付けて出場し、一般の部の2位に健闘した。
及川署長は東京マラソン出場2回、大阪マラソン1回など、毎年1回フルマラソンに出場している実力者。「アンカーにつなげばいける」と密かに優勝を狙っていた熱海署陣営だったが、署長にトップでタスキを渡すことができなかった。
「駅伝はペース配分が難しい。陸上で最も苦しいといわれるのが1500メートル。マラソンより厳しい」。あと一歩で優勝を取り逃がし(?)、リベンジに意欲満々の様子だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

por1 pori2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-27

    熱海市の新規コロナ感染者22人 県内では過去最多を3日連続更新=1月27日

    静岡県と熱海市は1月27日、熱海市で22人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  2. 2022-1-27

    「まん延防止」適用の酒類販売と時短、30日までは準備期間で通常営業

    新型コロナウイルスまん延防止等重点措置の適用を受け、静岡県はきょう1月27日から人流抑制のため飲食店…
  3. 2022-1-27

    熱海市内の小学校児童と保育園児がコロナ感染 学年及びクラス閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月27日、市内の小学校1校の児童1人と保育園1園の園児1人の新型コロナウイルスの…
  4. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 きょう27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
ページ上部へ戻る