【社会】ランニングポリス「熱海署」、あと一歩で優勝取り逃がす

熱海市街をランニングしながら、振り込め詐欺などの被害防止を呼びかける熱海署自慢の「ランニングポリス」が市民駅伝に出動。及川博行署長をアンカーに据え、11人のメンバーから選りすぐりの6人がゼッケン「110」番を付けて出場し、一般の部の2位に健闘した。
及川署長は東京マラソン出場2回、大阪マラソン1回など、毎年1回フルマラソンに出場している実力者。「アンカーにつなげばいける」と密かに優勝を狙っていた熱海署陣営だったが、署長にトップでタスキを渡すことができなかった。
「駅伝はペース配分が難しい。陸上で最も苦しいといわれるのが1500メートル。マラソンより厳しい」。あと一歩で優勝を取り逃がし(?)、リベンジに意欲満々の様子だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

por1 pori2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る