【編集室】今度はあの大型ホテルが売却 熱海後楽園みさき館に続く衝撃

熱海市の一般会計予算案は前年比2・4%増の180億8800万円。2015年の宿泊者が入湯税ベースで307万6千人(前年比4・6%)だったことを背景に4・2億円増額した。300万人を超えたのは日韓W杯が開催された2002年以来13年ぶり。市の財布のひもが緩くなるのもうなずける。
これに警鐘を鳴らしたのが田中秀宝議員だ。予算案の財源の大きな柱になっているのが、市税の中の入湯税。前年比でおよそ6000万円増額し、4億6562万を見込んでいる。8日の市議会一般質問で田中氏は市当局に、この積算根拠を尋ねた。
仁科文孝市民生活部次長が「平成27年度の決算見込み額は4億4700万円ほどで、この3年間の伸び率を踏まえ、4憶6500万余円と予想した」と回答すると、田中氏は待っていましたとばかり、かみついた。
「熱海市で一番収容能力があり、団体客の受け皿になっている熱海後楽園ホテルのみさき館(142室)が本年8月末をもって営業を終了する。タワー館(93室)は残るが、半分になるわけで当然影響が出る。それは加味しているのか」と。仁科部次長が「作成の時点ではまだ確定しておらず、加味していない」と答えると、田中氏は2本目の矢を放った。
「やはり、大きな団体客の受け皿になっているホテルの売却が成立し、今後、他の外部資本会社が運営していくという話がある。既に従業員にはそのような説明があった。買収した会社は団体客路線から個人客に特化していく考えのようで、そうなれば入湯税も減る。この情報は入手しているのか」。出野武彦観光建設部長は「把握していない」と淡々-。
今議会の最重要議案は「平成28年度熱海市一般会計予算」にある。予算の配分、新規事業の内容ばかりが話題になるが、財源の裏付けも避けて通れない。2015年の国勢調査によれば、熱海市は高齢化率、出生率ともに静岡県の市で最低。斉藤栄市長は少子高齢化対策に腐心し、カンフル注射に躍起だが、財源となる宝刀の「入湯税」に不安を抱えていることも直視する必要がある。2月定例会は伯仲した論戦が続く。

◆入湯税(にゅうとうぜい) 鉱泉浴場が所在する市町村が、温泉の利用者に課す地方税。1人1日当たり150円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

田中秀宝議員

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始ま…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る