【編集室】今暁、最大光度の金星撮影に成功セリ されど…

きょう9月22日、金星が最大光度(マイナス4.5等)を迎えた。この今年屈指の天体ショーを逃すまいと、本紙天体取材班はムーンテラスに陣取り、金星の撮影にトライした。国立天文台によると、「明けの明星」金星は日の出前の東の空でひときわ明るく輝くという。この日の熱海市の日の出は午前5時31分。というわけで2時間前に総員出動。はたして午前4時20分、ひと際明るい(?)金星をファインダーに収めることができた。薄い雲がかかり、実は、本来の明るさを引き出せなかったが…。

こんなこともあろうかと、前日の21日朝も撮影にトライした。が、22日以上に雲に覆われ、金星の撮影は完敗。しかし、きれいな朝焼けを撮ることができた。これはもっけの幸い。

◆明け明星 金星は地球より太陽の近くを回っている。地球から見ると、太陽から大きく離れないため、日の出前や日の入り後のみ観測することができる。これが「宵の明星」、「明けの明星」と呼ばれる由縁。「明けの明星」は1会合周期 (583.9日) ごとに数週間にわたって、日の出前の東の空に輝いて見える。今回は9月22日が明るさのピーク。

IMG_9391ss IMG_9358ss (1) IMG_9360ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る