【編集室】今暁、最大光度の金星撮影に成功セリ されど…

きょう9月22日、金星が最大光度(マイナス4.5等)を迎えた。この今年屈指の天体ショーを逃すまいと、本紙天体取材班はムーンテラスに陣取り、金星の撮影にトライした。国立天文台によると、「明けの明星」金星は日の出前の東の空でひときわ明るく輝くという。この日の熱海市の日の出は午前5時31分。というわけで2時間前に総員出動。はたして午前4時20分、ひと際明るい(?)金星をファインダーに収めることができた。薄い雲がかかり、実は、本来の明るさを引き出せなかったが…。

こんなこともあろうかと、前日の21日朝も撮影にトライした。が、22日以上に雲に覆われ、金星の撮影は完敗。しかし、きれいな朝焼けを撮ることができた。これはもっけの幸い。

◆明け明星 金星は地球より太陽の近くを回っている。地球から見ると、太陽から大きく離れないため、日の出前や日の入り後のみ観測することができる。これが「宵の明星」、「明けの明星」と呼ばれる由縁。「明けの明星」は1会合周期 (583.9日) ごとに数週間にわたって、日の出前の東の空に輝いて見える。今回は9月22日が明るさのピーク。

IMG_9391ss IMG_9358ss (1) IMG_9360ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
  2. 2020-2-25

    【お悔やみ】十文字ひとみさん(熱海市梅園町)2月21日死去

    十文字ひとみさん(じゅうもんじ・ひとみ)2月21日死去、49歳。熱海市梅園町。通夜25日午後6時。…
  3. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  4. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
ページ上部へ戻る