伊豆多賀に春到来、さくらの名所散策路で「四季の道桜まつり」開幕

熱海市のJR伊豆多賀駅と県立熱海高校を結ぶ「さくらの名所散策路」(通称・四季の道)で「四季の道桜まつり」(多賀観光協会主催)が始まった。初日は雨に見舞われたが、2日目の1月19日は天候が回復。一足早い春を求める見物客が次々に訪れた。

全長760メートルの同散策路は、2017年3月に完成。熱海高側入り口から320メートルの区間に87本のあたみ桜が植えられている。高台にあり、桜と多賀湾、南熱海地域の眺望が楽しめ、「日本一の通学路」としても知られる。同協会が新たな観光資源にしようと初開催した。

まだ1、2分咲きだが、見ごろの木もあり、十分に楽しめる。全体が見ごろを迎えるのは今週末という。会場に駐車場がないため、同協会は2月2日までの期間中の土、日曜に無料送迎車を用意。長浜海浜公園⇆散策路間をジャンボタクシーでシャトル運行している。時間は午前10時から午後3時。伊豆多賀駅からは平坦な散策路で約10分。風光明媚ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    3月14日の「伊豆多賀温泉わかめまつり」も中止 “新型コロナ”拡大で

    多賀観光協会は、3月14日に長浜海浜公園で予定していた「伊豆多賀温泉わかめまつり」の中止を決めた。…
  2. 2020-2-28

    熱海市、新型コロナウイルス対策本部を設置 静岡市で県内初感染者

    静岡市の男性が新型コロナウイルスに感染したのを受けて、熱海市は2月28日、市役所内に新型コロナウイ…
  3. 2020-2-28

    観客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホール計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  4. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
ページ上部へ戻る