【編集室】春の嵐、桜の花びら舞い散る 伊豆多賀駅にピンクの絨毯

7日の熱海市は低気圧の影響で風が強まり、満開を迎えていたかなりの数の桜の花びらが舞い散った。気温が20度を超した8日午前、JR伊豆多賀駅を訪ねると、ご覧のような一面ピンクの絨毯(じゅうたん)。乗降する観光客らが敷き詰めたよう春らんまんの風景を楽しんだ。大縄公園や朝日山公園付近でも花びらがはらはらと舞い散り、はんなりとした春景色を作り出していた。
ウェザーニュース社によると、風速が1~2メートルで桜の花はちらちらと散り、4~5メートルになると、はらはらと散る。6メートルを超えると、花びらが吹き荒れる状態となって散ってしまうという。昨日の網代は午後4時ごろから風速6メートルを超え、午後9時にMAX11メートルを記録した。
でもまだ咲いている桜も多く、これから咲く桜もあり、十分に楽しめる。
熱海ネット新聞は6日に熱海市東部、伊豆山、泉地区。8日(7日が雨で順延)に熱海西部から多賀、網代地区の桜の名所をまとめて取材した。2016年桜コレクションとして後日掲載する。

トップ1

伊豆多賀駅

網代

大縄公園付近

IMG_0957ss3IMG_0948ss3

朝日山公園付近

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る