【社寺】伊豆山神社で「十五夜祭」 月明かりの下、献歌で源実朝をしのぶ 

仲秋の名月の27日夜、伊豆山神社で十五夜祭があり、「第64回源実朝を偲(しの)ぶ仲秋の名月 伊豆山歌会」を催した。月明かりの下、原口尚文宮司が厳かに神事を執り行い、斉藤栄市長をはじめ、来賓、参列者が玉串を捧げた。続く献歌では、出席歌人が順に句を詠みあげ、地元中学生5人が頼朝の舞を奉納。加藤登美緒さんが琴を、須藤英二さんがフルートを献奏し、熱海にゆかりが深く、歌人でもあった鎌倉3代将軍実朝をしのんだ。

◆源実朝(みなもとのさねとも) 鎌倉幕府第3代将軍、歌人。幕府を開いた源頼朝の4男。母は政子。兄の頼家が追放されると12歳で征夷大将軍。歌人としても知られ、伊豆山神社に参拝に訪れる際に十国峠で詠んだ「箱根路を我が超え来れば伊豆の海やおきの小島に波のよる見ゆ」は有名。

◆歌会 29都道府県から一般の部に301首、小学生493首、中学生783首の応募(ほかに当日投稿98首)があり、歌人の小池光、花山多佳子、春日いづみ、大松達知各氏が選考。午後3時半から熱海市伊豆山のハートピアホテルで授賞式と講評があった。

山武士入場 神事 神事2 IMG_0071ss 献句 巫女 フルート 客と月 月

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る