【編集室】網代温泉の応援歌、「伊豆恋路」 ふる里祭り・盆踊りで披露


♪ふる里祭りの盆踊り あなたから、私まで みんなで一緒に、輪になって 熱海音頭に炭坑節 夜空は花火が、ああ楽しみ--。熱海市下多賀の大縄公園であった「ふる里祭り・盆踊り」で同祭りをモチーフにした網代温泉応援歌「伊豆恋路」が披露された。横浜と熱海の2カ所に拠点を置き、歌手活動を行っている白川たえ子さんの自信作で、白川さんの踊りの師匠、創作舞踊「南条流」(熱海市)の家元・南条久美香さんが振付した。会場では南条流の会員や白川さんがよく訪れる網代駅近くのスナック「パセリ」のカラオケ仲間も輪になり、にぎやかに踊った。
■網代温泉の観光振興に期待
川口健網代温泉観光協会会長は「三波春夫さんが唄う『熱海音頭』をはじめ、箱崎晋一郎さんの『熱海の夜』、都はるみさんの『アジの開きの三度笠』など、熱海をテーマにした歌は多く、観光振興に貢献している。今回の伊豆恋路は網代温泉が描かれており、応援している」と期待を寄せている。全国のカラオケで楽しめる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◆白川たえ子 平成11年横浜歌謡協会師範。平成15年全国カラオケ指導協会準指導講師。平成20年横浜歌謡協会よりCDデビュー。横浜市の各イベントのほか、熱海でも梅まつり、ふる里祭り・盆踊り、あたみビール祭りなどのイベントに参加。
動画はコチラ…伊豆恋路・白川たえ子


川口健網代温泉観光協会会長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る