【観光】伝統の「熱海をどり」が開幕 

熱海芸妓が1年の修練の成果を披露する「第26回熱海をどり」が28日、熱海芸妓見番歌舞練場で開幕した。京都の「都をどり」、東京の「東をどり」と並ぶ日本の花柳界最大の興行に、開演前から列を作った。

第一部(午前)、第二部(午後)ともに定数一杯の280人の市民や観光客が訪れ、立方22人、地方13名によるあでやかな花柳界の舞台を楽しんだ。29日も開催する。

「伊勢参宮いせまいり」は、昭和5年に伊勢外神宮の遷宮のお祝いに奉祝演奏された長唄で、伊勢音頭やじゃれ唄なども織り交ぜ、大阪からの伊勢参りの風情を表現した。「福来寄ふきよせ玉手箱」は、木の葉の吹き寄せになぞらえ、常磐津や端唄、小唄、民謡とのコラボで構成している。

出演者全員によるフィナーレの「三下(さんさ)がり甚句」を終えると、西川千鶴子組合長(松千代さん)らが「第26回という回を重ねることが出来ましたのは、これもひとえに、ご支援くださいます皆々様の熱きお力添えのおかげがあればこそ、でございます。芸妓一同心より、御礼申し上げます」とあいさつし、全員で三本締めを響かせた。

◇熱海をどり 熱海芸妓見番の大改修(平成2年)を記念してスタート。日本一の規模を誇る熱海芸妓衆が年に2日(4月28、29日)開催する熱海のGWの看板イベント。主催・熱海芸妓置屋連合組合。

IMAG2652IMAG2662IMAG2646OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMAG2611OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る