【編集室】日本初の人工海水浴場、伝説の網代温泉海水浴場が海開き

熱海市下多賀の「海辺の湯の宿平鶴」近くにあり、遠浅でアットホーム感が漂う網代温泉海水浴場(大縄)で11日、海開きがあった。消波ブロックに囲まれた同海水浴場は、昭和44年5月に日本初の人工海水浴場として完成した。市議で網代温泉観光協会会長の川口健氏によれば、当時の網代温泉は旅館数が網代駅を中心に40軒あり、寮保養所も99軒。芸妓衆も150人ほどおり、特急あまぎは東京を発つと次に停車するのは網代駅。それほど隆盛を極めていたという。
海に面した緑地には、明治における近代的軍隊の創始者山県有朋の歌碑「飛魚のおともかすみて綱引するあじろの浦の春の夕凪」がある。
泳いでいる魚が透けて見えるほど澄んだ海が特徴で昨年も約4000人のリピーターが訪れた。
熱海サンビーチとも長浜海岸とも一味違う、元気だった昭和の潮風が漂い、旅情をそそられる。

砂浜魚道路

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る