【社寺】10月の例大祭に向けルートを下見 今宮丑寅嵐舞會が本格始動

今宮神社の例大祭(10月19日、20日)まで2カ月を切った23日、本年度厄年奉賛会「今宮丑寅嵐舞會(いまみやうしとららんぶかい)」(志方敦会長)が、神輿(みこし)ルートの下見を行った。女子部を含めておよそ40人が参加。今宮神社−和田山−ガーデンハイツ−今宮神社、今宮神社−桜ケ丘バス停−ガーデンハイツ−渚小公園−金城館−栄町公民館−今宮神社の各ルートを回り、ごみを拾い集めながら入念にチェックした。
会員たちは同會のお揃いの黒のTシャツに身を包み、休憩場所や所要時間などをメモし、本番に備えた。
写真=今宮丑寅嵐舞會

gomihiroi 後ろTシャツ 会長6

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る